豊臣秀吉の指が6本あったことがわかる2つの文献

豊臣秀吉 指

 

豊臣秀吉の逸話の中で広く信じられているのが、「多指症(たししょう)」ですね。指が6本あったというのは有名な話で、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

では、どうして豊臣秀吉は指が6本あったということが分かったのでしょうか?

 

 

豊臣秀吉は親指が2本あった

 

豊臣秀吉 指

 

文献によれば、豊臣秀吉の右手には親指が2本あったという記述があり、ここから多指症ではないかということが言われるようになってきたのです。

 

その記述されている文献というのは2つあり、前田利家の「国祖遺言」と、ルイス・フロイスの「日本史」です。このどちらもが、豊臣秀吉は指が6本あったことが記されているので、現在では広く信じられているのです。

 

 

国祖遺言に6本指だったことが記されている

 

豊臣秀吉 指

 

前田利家の「国祖遺言」は賀藩中の一門・家臣に向けて、前田利家の事績を称揚する目的で書かれた利家の言行録という向きがされているものです。

 

その中で、「大閤様ノ右之手オヤ由飛一つ多六御座候(太閤様の右の手には、親指がひとつ多く6本あった)」という記述がされているので、6本あったのだろうと言われています。

 

スポンサーリンク

 

天下人「豊臣秀吉」の死因には多くの説が語られている

 

ですがこの「国祖遺言」には信憑性が疑わしい部分もある書なので、怪しいと感じるところです。

 

ただ豊臣秀吉も没した後の書ということですから、もし豊臣秀吉を誹謗中傷するような内容を記述するとは考えにくいことから、事実ではないかという意見も目立ちます。

 

 

フロイスが記述した日本史にも書かれている

 

豊臣秀吉 指

 

イエズス会の宣教師として、戦国時代の日本に上陸をして織田信長の信任を受けてキリスト教の布教に尽力したポルトガル人が「ルイス・フロイス」になります。

 

イエズス会の指示によって、日本における布教活動の歴史を記録しており、それが「日本史」としてまとまっています。この日本史は、戦国時代の日本を外部から客観的に眺めて記録した文献として、評価を受けているものです。

 

スポンサーリンク

 

そこで豊臣秀吉について外見や性格などが詳細に書かれており、「身長が低く、醜悪な容貌の持ち主で性格は最悪に尽きる。片手には六本の指があった」と記してあります。

 

ただ、フロイスと豊臣秀吉の関係は悪かったので、誹謗中傷をする意味で6本の指という記述をしたのではないかという説もあります。

 

 

日本では珍しくない病気

 

豊臣秀吉の指が6本だという「多指症」ですが、日本人で見ると珍しい病気ではありません。現代でも1000人に1人はこの症状を患うということであり、早い年齢のときに切除してしまうので目立たないだけです。

 

昔でも、この多指症というのは珍しい病気ではなかったようで、歴史に名前を残すような人物は、現代と同じように子供のときに余分な指を切除するのが普通だったのだろうと推測されています。

 

 

豊臣秀吉は指が6本あったという説は、2つの文献に記述が見られることから真実である可能性は高いようです。昔から多指症は珍しくもないようで、現在と同じような切除が行われていた可能性もあるようですから、ますます真実味が帯びてきますね。