伊藤博文暗殺の真相について2つの説があった!?

伊藤博文 暗殺

 

初代内閣総理大臣として、現在の日本の形を作ってきた偉人が「伊藤博文」ですね。日本だけではなく、世界情勢を理解し、そこから日本の立場などを考えていました。

 

そんな伊藤博文ですが、ハルビンで暗殺されてしまいます。どうして暗殺をされてしまったのでしょうか?

 

 

暗殺の犯人は安重根ではなかった?

 

伊藤博文 暗殺

 

伊藤博文は1909年10月26日に、満州・朝鮮の問題に関してロシア蔵相ウラジミール・ココツェフと会談するためにハルビンへ赴きます。

 

午前9時にハルビンに到着後、車内でココツェフの挨拶を受けていました。

 

スポンサーリンク

 

その後駅ホームでロシア兵の閲兵を受けていた伊藤博文ですが、そこに群集を装って近づいた安重根の放った銃弾を3発被弾し、約30分後に死亡します。

 

これによって、現在のところ安重根が伊藤博文を暗殺した犯人だとされているのですが、最近の調査によって実は違う第三者が襲ったのではないかという見解が見られます。

 

 

使われている弾が違う

 

そうした説が出てきた理由のひとつに、「弾と銃創が違っている」という点があります。

 

伊藤博文に致命傷を負わせた銃弾は、フランス騎馬隊が用いるカービン銃の弾であることが分かっています。

 

スポンサーリンク

 

その時に安重根が持っていた銃は、7連式のブローニング拳銃であり、この拳銃ではカービン弾を装填して発射させることが構造上不可能です。

 

つまり、安重根が持っている拳銃ではない違う武器が、伊藤博文を攻撃したことになります。

 

 

高い場所から狙撃された

 

伊藤博文 暗殺

 

安重根は、兵列の影から隠れるようにして「しゃがんで」伊藤博文を撃ったということを供述しています。

 

ところが、伊藤博文が負った傷は右肩から斜め下にむけてであり、伊藤博文よりも高い場所から狙わなければこういった傷になりません。

 

また伊藤博文と同行した人物は、「駅の2階にある食堂からフランス騎馬銃で撃った人がいる。

 

あの場所は狙撃するのに絶好だった」ということを述べていることから、安重根が襲ったというのは考えにくいのです。

 

 

ロシア暗殺説

 

伊藤博文 暗殺

 

もし伊藤博文を暗殺したのが、安重根でなければ一体誰が攻撃したのかが謎です。しかし必然的に残るのはロシア側ということになります。

 

というのも、伊藤博文が襲われたとき、周囲にいたロシア人はかすり傷ひとつも負いませんでした。その当時周囲には大勢の人がいたにも関わらず、ロシア人は被害を受けていないというところから、ロシア人が関係しているのではないかと言われます。

 

ロシアには、どうもそれをしてもおかしくない雰囲気があったのだとか。日露戦争前に、伊藤博文はロシアと協定を結ぼうと考えていたのですが、それからすぐに日英同盟が結ばれます。

 

これによって日露戦争が早まってしまい、ロシア側は負けたという見方が強いのです。ロシアは伊藤博文が裏切ったと思い、その復讐をしたのだと考えられています。

 

 

今まで安重根が伊藤博文を殺害した犯人だとして認識されてきました。

 

しかし傷が明らかに矛盾する点と、使われている銃弾に違いがあるという点、さらにロシアが伊藤博文に復讐を考えていた可能性がある点などから、どうも違うのではとの見方が強くなってきています。