織田信長が黒人男性を家臣にした理由と弥助の生涯について

織田信長 黒人

 

織田信長の家臣には現在でも多くの人が知る人物の名前が連なっています。その中でも異彩を放っており、詳細が良く分かっていないのが「弥助」と呼ばれる黒人男性です。

 

戦国時代に、どうして黒人が家臣になったのでしょうか?

 

 

ヴァリニャーノの奴隷として来日

 

織田信長 黒人

 

織田信長の家臣として特徴的なのが弥助でしょう。黒人で身長は約190cmで十人力の剛力と呼ばれており注目を集めていました。

 

この黒人は、イタリア人の宣教師であるヴァリニャーノが来日した際に、インドから連れていた奴隷で出身地は現在のモザンビークだと記されているようです。弥助はどのような経緯で、ヴァリニャーノの奴隷になったのかは不明です。

 

 

信長は初めて見た黒人に興味を示した

 

織田信長 黒人

 

1581年にフロイスがイエズス会本部に送った年報などによれば、京都で黒人がいるということが話題になり、投石が起きて重傷者が出るほどの騒ぎがあったようです。

 

織田信長は初めて黒人を見たときに、肌に黒を塗っているのだろうと中々信用をしませんでした。

 

スポンサーリンク

 

織田信長に影響を与えていたのは斉藤道三?

 

そこで家臣に着物を脱がせて体を洗わせてみたら、彼の肌は白くなるばかりかより一層黒く光ったとされています。

 

織田信長は本当にこの黒人の肌が黒いということに納得して、かなりの興味を示したようで、ヴァリニャーノと交渉をして譲ってもらい「弥助」と名づけたようです。

 

正式な武士として身分を取り付けたというのは異例のことで、それだけでも織田信長の関心ぶりが伺えます。

 

 

本能寺の変に遭遇していた

 

織田信長 黒人

 

黒人の家臣という当時としては異例の状態でも、周囲はすぐに打ち解けてたようです。

 

織田信長も相変わらず信頼を寄せており、1582年に起きた本能寺の変の際に、弥助も本能寺に泊まっており明智光秀の襲撃に遭遇したようです。

 

スポンサーリンク

 

怪力の持ち主ですから、何とか頑張って戦ったのですが捕縛されます。そこで明智光秀が黒人の弥助に対して、「こいつは日本人ではなくただの動物で、何の役にも立たない」という差別的な発言をして命を取らなかったと言います。

 

その後、弥助は南蛮寺に送られます。明智光秀のこの発言は弥助を殺すのは忍びないと思った方便ではないかという意見もあるようですが、その真意は不明です。

 

 

南蛮寺協会堂に送られた後の詳細は不明

 

織田信長 黒人

 

イエズス会の南蛮寺協会堂に送られた弥助のその後に関しては不明です。しかし、その後の他地域の史料などによれば、黒人が登場する場面がいくつか記されており、それが弥助ではないかという噂もあります。

 

その中の有力な説としては、ヴァリニャーノは織田信長の前に有馬晴信にも謁見していて、有馬方を支援していました。

 

有馬方の大砲役として黒人が出てくる史料がありますが、この黒人が弥助であれば、織田信長を失った弥助を面識があった有馬家を頼ってここまできたという可能性もあるとされます。

 

しかしこの時期に日本にやってきた黒人は大勢存在しているようで、弥助だという裏づけが取れる資料は今のところ見つかっていないようです。

 

 

織田信長の黒人の家臣として活躍した弥助。その異例とも捉えられる対応は、それだけ織田信長が関心を示したことが分かりますね。