織田信長と浅井長政は同盟から一転し激突した本当の理由は?

織田信長 浅井長政

 

織田信長と同盟関係を結んでいた浅井長政ですが、後に2人は2度も戦うことになります。一度信頼をしたら、決して自分から裏切らなかったとされる織田信長が戦うことになるというのですから、それだけでも異常事態。

 

いったい、二人にどんなことが起こったのでしょうか?

 

 

織田家と浅井家は同盟関係にあった

 

織田信長 浅井長政

 

織田信長と浅井長政が同盟関係であった証拠として、織田信長の妹である「お市」を妻としていたという事実があります。

 

同盟関係になければ、自分の身内を他の領主の妻にめとることはしないハズですので、少なくともその時期は同盟関係であったとされます。

 

スポンサーリンク

 

織田信長が黒人男性を家臣にした理由と生涯

 

しかし2人はやがて同盟関係を破棄して戦いをするようになってしまいます。

 

背景には、織田信長と同盟を結ぶ以前から関係のあった朝倉氏の存在と、同盟の内容が関係しているようです。

 

 

信長は浅井との約束を破り朝倉に戦を仕掛けた

 

織田信長 浅井長政

 

織田信長と同盟を結ぶ前から、浅井長政は朝倉家と同盟関係を結んでいました。

 

しかしながら、織田信長と当時の朝倉家領主である朝倉義景は、不仲な関係が続いていたと言われます。

 

そんな関係の中、織田信長と浅井長政は同盟を結ぶのですが、その時に約束したこととして、「朝倉氏には戦を仕掛けてはいけない」という内容があったとされています。

 

ところが織田信長は、その約束を破り戦いを挑んだのです。

 

 

信長の朝倉攻めにより浅井が裏切った

 

織田信長 浅井長政

 

織田信長が朝倉義景に戦いを仕掛け、同盟を結んでから一番最初に浅井長政と対立した戦いのことを、「金ヶ崎の戦い」と呼びます。

 

織田信長と同盟関係にあった浅井長政は領地を北近江に持っており、同盟を結んだので領内まで織田軍を進めることができ、朝倉義景の領地である越前国の隣まで持っていけたのです。

 

スポンサーリンク

 

織田信長は、朝倉義景と戦をしている最中に、背後から浅井長政が率いる軍から襲われてはひとたまりも無いと考えて同盟を結んでいたのです。ところが、ここで浅井長政が裏切りを働きます。

 

これにより、織田信長は北を朝倉義景に、南を浅井長政と板ばさみにされようとしていたのです。

 

 

浅井の裏切りにより同盟は完全に崩れた

 

お互い戦力はありましたから、板ばさみされてはひとたまりもない織田軍でしたが、妹の「お市」が機転を利かせてくれて裏切りを織田信長に密告しました。これによって、なんとか自国に逃げ帰ることに成功したのです。

 

浅井長政の裏切りによって、両者の同盟関係は完全に崩れます。織田信長はリベンジのために、姉川で激突をすることになり、これを「姉川の戦い」と呼んでいます。

 

姉川の戦いでは、織田信長は徳川家康を味方にし、浅井長政は朝倉家を味方にして総力戦を展開しますが、織田・徳川連合軍が勝利し、浅井長政は小谷城に篭城するのです。

 

 

浅井家滅亡に後のお市

 

織田信長 浅井長政

 

姉川の戦いから3年後の1573年に、浅井長政は織田信長に滅ぼされます。これを「小谷城の戦い」と言われています。浅井長政の妻である「お市」は、浅井家が滅ぼされたことで織田信長のところに戻りました。

 

 

織田信長と浅井長政は、同盟関係を結んでいたのですが約束を破ることで同盟は崩れます。その後の戦いで浅井長政は滅ぼされてしまんですね。

 

この二人は現在でもドラマや漫画などで登場します。どうしてこういった結末になってしまったのか、関心が尽きることはありません。