織田信長の正室「濃姫」はどの様な妻だったのか?

織田信長 妻

 

織田信長は自分にも他人も厳しい人でしたが、この当時としては珍しく女性の地位た立場をしっかりと認識いていたと言われます。

 

そんな織田信長の妻として一番有名なのが、正室の「濃姫」でしょう。妻である濃姫とはどのように知り合い、その後どうなっていったのでしょうか?

 

 

斉藤道三の娘として生まれた

 

織田信長 妻

 

織田信長の妻として有名なの濃姫ですが、1535年に生誕とされていますが定かではありません。

 

マムシと呼ばれるほどしぶとく、そして百戦錬磨の武将としてその名前は広く知られていた「斉藤道三」の娘だというのは有名ですね。

 

スポンサーリンク

 

織田信長の正室「濃姫」は謎多き人物であった

 

実は織田信長と斉藤道三は同盟関係を結んでいたとされています。斉藤道三が勢力を握っていた場所は美濃で、朝倉氏がいる越前と接していますし、近江も近くにあるということから、織田信長と同盟を結ぶというのが、妥当だと考えたのです。

 

同盟を受けた証として、織田信長と濃姫の結婚でした。簡単に言えば政略結婚だった訳ですね。

 

 

15歳前後で織田信長に嫁いだとされる

 

織田信長 妻

 

この血痕が行われたとき、織田信長は16歳ぐらいで濃姫は15歳程度だと考えられるので、周囲から見ればお似合いのカップルだということが出来ます。

 

しかし斉藤道三は、濃姫の旦那である織田信長がどんな人物なのか全く分からないまま、聞いた内容のみで許してしまったので相当決断に困ったのではないかとも言われていますね。いずれにしても、2人は政略結婚の上結ばれることとなります。

 

 

濃姫に関しての正確な史料は残っていない

 

織田信長 妻

 

天下統一に一番近い存在になる織田信長の正室になった濃姫ですが、その後の史料は全く残っていません。

 

それでも、結婚で喜んだ織田信長が、宴会を催したり津島神社のお祭りに出かけたりという話は伝わっており、その姿を見られます。

 

スポンサーリンク

 

ところが重要な後年にいたっては、まるでその存在がなかったかのように忽然と姿を消してしまうのです。死亡したという記述も、離縁したという話もありませんから、何をしていたのか全く分からなくなったのです。

 

織田信長と妻の濃姫の間には子供はいなかったとうのが通説なので、このことも史料に残らない原因だとされています。それにしても、織田信長のことが細かく書かれている「信長公記」ですら、濃姫の死について一切触れてはいません。

 

 

濃姫のその後について

 

織田信長の妻である濃姫がその後どうなったのか、全く史料がありませんので憶測の域を出ていません。織田信長は、身内には甘い性格をしていたので、離縁という可能性は0に近いとされます。

 

閨房における醜聞も聞かれなかったことから、不仲で無いことも分かりますし、女性に対して敬意を持って接していた織田信長ですから、殺害をしたということもないでしょう。

 

政略結婚の意味が無くなり、美濃へ返されたという説もありますが、それをするには織田信長にとってメリットが少ないので、こちらもやはり可能性は低そうです。

 

そこで残されているのが、「病死」と「長生き」の説。どちらも文献や史料が残されていないので、あくまでも推測になるのですが、どちらかというと「長生き」という可能性のほうが高いようです。

 

 

このように織田信長の妻としてその存在が知られている濃姫ですが、その後どうなったのか史料が乏しく全く分かりません。戦国時代のミステリーとして、今でも多くの人が調査をしているようです。