織田信長の性格を血液型診断から読み取ってみよう

織田信長 血液型

 

「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」に代表されるように、織田信長は短気で残忍な性格だったと言われています。しかし、それなのに多くの家臣から慕われていたことも分かっており、相反する性格を持っているようにも感じられます。

 

そこで織田信長の血液型から、どんな性格をしていたのかどうかを考える人が増えてきました。血液型から見る織田信長の性格は、どんなものなのでしょうか?

 

 

織田信長はA型だった

 

織田信長 血液型

 

織田信長の血液型は、血痕や遺髪などから「A型」だということが調査から分かっているようです。

 

現在A型は「几帳面」という性格診断を受けますが、これ以外にもリーダー気質を持っていて、自分にも他人にも厳しく、見えない優しさを持っていると言われています。

 

それが織田信長の場合、血液型とピッタリの性格をしていたのかどうかは、数々の史料などから比較する作業が進められています。

 

 

リーダー気質で他人に厳しい

 

織田信長 血液型

 

まず「リーダー気質」ですが、これは織田信長が行ってきた数々の政策や戦において物語っていることでしょう。

 

人を見る目は十分に備わっており、誰をどこに所属させれば、その人が持っている能力を最大限発揮できるかを分かっていたと言われてます。

 

スポンサーリンク

 

多くの偉業を成し遂げた織田信長の歴史

 

これはリーダーが持つ資格として必要不可欠なものですから、織田信長にリーダーの才能があったことは誰もが認めるところです。

 

さらに「自分にも他人にも厳しい」という血液型診断も、織田信長の性格を的確に現しているようにも捉えられますね。家臣であろうと、必ず「貴様」と呼んでおり、ちょっとしたミスなどでも叱責をしていたことが伝えられています。

 

その叱責は、厳しさだけでなく優しさをも持っていたとされていますから、織田信長についてきた家臣はとても多く、豊臣秀吉や明智光秀などは忠誠を誓ってきました。

 

 

A型は「独自の価値観」も持っている

 

織田信長 血液型

 

織田信長は、独自の価値観を持っていました。血液型診断においてA型は「独自の価値観」を持つとされていますから、まさにピッタリだと言えますね。

 

織田信長は家臣に武士の家の出を使うという風習を打ち破ります。

 

スポンサーリンク

 

豊臣秀吉は農民出身ですし、明智光秀にいたっては浪人という身分でしたが、能力がある人間はとことん重役に置くという考えを持っていました。

 

また外国の文化をもいち早く取り入れ、戦に鉄砲を用いるなど先端の考え方を常に手に入れていました。

 

 

織田信長の行動と血液型診断の結果は似ている

 

織田信長 血液型

 

血液型性格診断で、織田信長は性格がA型のそれと似ていることが分かりました。これらは行動からも垣間見ることができます。

 

織田信長は、自分に反対する勢力などをとことん排除してきました。有名なところでは「比叡山焼き討ち」や「高野山攻め」などが挙げられるように、宗教勢力に対して徹底的に弾圧を行っていきました。

 

経済政策に目を向けてみると、「楽市楽座」の開設をしています。これは楽市楽座という商人に対しては課税しないという仕組みで、当時では画期的な発想でした。

 

これにより商業が大きく発展し、経済の活性化が成功したのです。これらは今までの考えなどを撤廃して、新しい考えをどんどん取り入れる性格を持っていた織田信長だからこそ出来たことでしょう。

 

 

織田信長の血液型は「A型」だということが判明しています。A型の性格診断から織田信長の行動を見てみると、実にピッタリ当てはまっていることが分かりますので、身近な気分になれますね!