坂本龍馬暗殺事件の実行犯に浮上している2つの説

坂本龍馬 暗殺

 

幕末に活躍し、明治維新の実現に大きく貢献したのが「坂本竜馬」ですね。ドラマや小説などで現代でも語り継がれており、その名前を知らない人はいません。

 

そんな坂本竜馬ですが、近江屋事件において暗殺されてしまいました。犯人は謎のままですが、どんな人物が説に浮上しているのでしょうか?

 

 

坂本竜馬は多くの敵をつくっていた

 

坂本龍馬 暗殺

 

亀山社中をつくり海外との貿易を活発にするなど、今までの日本が行ってきた政策とは違う考え方を取り入れてきました。

 

坂本竜馬は改革派であったのと同時に、古い考えを持っている人からは脅威に感じられていたのです。

 

スポンサーリンク

 

坂本龍馬がフリーメイソンのメンバーと言われている理由

 

幕末から明治維新にかけては情勢が不安定になっており、色々な事件が後を絶たない状態でした。倒幕への働きかけを強化する坂本竜馬の行動を、うっとうしいと思う人はとても多く、いつ命を狙われてもおかしくはない状況だったようです。

 

坂本竜馬自身もそれを心得ており、拳銃を身に付けるなどいつ襲われても大丈夫なように準備だけはしておいたようです。

 

 

新撰組が実行犯だと疑われた

 

坂本龍馬 暗殺

 

坂本竜馬が暗殺されたのは、1867年12月10日の京都にある「近江屋井口新助邸」です。一緒にいた、中岡慎太郎も重症を負いましたが、2日後に死亡しています。

 

刀術でも一流の腕前を持っていた坂本竜馬ですが、急襲されたとはいえ相手に傷を与えることなく致命傷を受けて即死だったようです。暗殺した犯人は、刀術の腕前がかなりあったことが分かります。

 

スポンサーリンク

 

そこで事件当初は、新撰組が実行犯だとしてその噂が流れました。何故ならば、坂本竜馬を殺害できるほどの腕前を持っている人物は新撰組の「斉藤一」ぐらいだろうと思われていたからです。

 

事件後に新撰組局長の「近藤勇」は幕府から取り調べを受けていましたが、関与を否定しています。新撰組が実行犯という説は、その当初に流れたきりであり史実的な根拠がある訳ではありません。

 

 

自白をした京都見廻組の隊士がいた

 

坂本龍馬 暗殺

 

最近になって新しく出てきた暗殺の犯人として、「京都見廻組」が浮上してきています。1870年に見廻組隊士であった今井信郎が箱館戦争で降伏をして、囚われていました。

 

そこに新撰組隊士であった人物が取り調べをしたところ、近江屋事件について坂本と中岡暗殺に関与したと自白します。今井信郎は裁判にかけられて禁固刑となりました。

 

今井信郎は明治後期以降も同じような証言を行っていますし、大正時代には同じく元見廻組の隊士であった人物が、坂本竜馬の殺害を供述しています。

 

しかし、2人の供述に食い違いがあったり、斬った傷の箇所が実際と大きく違っているなどがあります。また、この2人が刀術の一流であった坂本竜馬を簡単に殺すことができるほどの腕前があるかどうかも疑問が残るところです。

 

 

暗殺を指示した黒幕

 

坂本龍馬 暗殺

 

しかし歴史学上は、見廻組が犯人であるという説は動くことはないようです。それでは、誰が見廻組に暗殺を指図したかについての疑問が残ります。

 

勝海舟は、幕府上層部の指示があったのではないかということを推測しています。当時の政局においては大政奉還に反対をする佐幕波が多く、見廻組はその配下にあったため、簡単に命令をすることは可能な位置関係にあったようです。

 

こうしたことから、坂本竜馬の改革の動きに幕府が脅威を感じ、暗殺に動いたのだろうと推測されています。

 

 

坂本竜馬が誰に暗殺されたのかという説は、他にもいくつかあります。はっきりとしたことがまだ分かっていない状況ですが、大きな事件であることには変わりありません。