織田信長に影響を与えていたのは義理の父の斉藤道三だった!?

斎藤道三 織田信長

 

織田信長を語る上で、欠かせないのが「斉藤道三」という人物ですね。戦国時代における重要な役割を担っており、もしこの人物がいなければ織田信長は天下統一すら考えていなかったかもしれないと言われるほどです。

 

斉藤道三と織田信長はどんな関係だったのでしょうか?

 

 

二人は義理の親子という関係

 

斎藤道三 織田信長

 

斉藤道三と織田信長の関係を簡単に表すならば、「義理の親子」ということになります。

 

織田信長の妻は濃姫と呼ばれる人物ですが、この濃姫は斉藤道三の娘なので、斉藤道三としては義理の子になり、信長からみれば義理の父になるのです。

 

スポンサーリンク

 

織田信長と武田信玄の二人が一度も戦わなかった理由

 

織田信長が15歳のときに、正室として斉藤道三の娘である濃姫を迎えます。

 

これは政略結婚だったと言われていますが、当時としてはそうした結婚は常にありましたので、特に不思議ではありませんでした。

 

 

道三は信長の才能を早くから見抜いていた

 

斉藤道三は、早い頃から織田信長に目をかけておりその才能を見抜いていました。そこで家臣に対して、「我が子たちは信長の馬をつなぐだろう」と言ったことが伝えられています。

 

さらに斉藤道三は、晩年になると織田信長に対して、美濃を譲り渡すという遺言書を送ったとされています。

 

スポンサーリンク

 

いくら娘婿とは言っても、その当時にここまでのことを書状として残すのは異例のことで、それだけ織田信長を信頼していたんですね。

 

織田信長は、そうした斉藤道三の考えに賛同したのか、斉藤道三と子供が争う合戦のときには道三側に援軍を送ろうと考えていたようです。決着がすぐについたので、その軍は間に合わなかったようですが・・・。

 

 

斉藤道三の思想に影響を受けていた

 

斎藤道三 織田信長

 

織田信長にしてみれば、他国の小競り合いに援軍を送ることは、自国にとって何のプラスにもなりません。メリットが限りなく0に近いのに、自国の援軍を送ることは、合理主義だと言われる織田信長の行動に相応しいとは思えません。

 

それでもこうした行動をするということは、それだけの関係性が両者にあったことを意味しているのです。

 

その後、美濃を織田信長が奪ったときに、稲葉山城を居城に決め、名前を「岐阜城」と改め、同時期に「天下布武」という印章を使うようになります。このことから、美濃を奪ってから天下取りを本格化させたことが分かります。

 

斉藤道三の思想に、織田信長が影響を受けたとも考えられるわけですね。

 

 

信長は道三の意思を受け継いでいた

 

斎藤道三 織田信長

 

織田信長の代表的な政策と言われる「楽市楽座」や「関所の廃止」などは、斉藤道三が思いつき、それを織田信長が受け継いだのではないかとも言われます。

 

斉藤道三は生きる上での指針でもあり、思想に影響を受けてからは尊敬する存在として織田信長に強い影響を与えたことが分かります。

 

 

斉藤道三と織田信長は、義理の親子関係です。しかし、それ以上に織田信長は斉藤道三の考えや思想などに影響を受けていたとも考えられます。

 

戦国時代においてかなりの重要人物だとされる斉藤道三ですから、もしかしたら今後新しい発見があるかもしれません。そこにも注目していきたいですね。