織田信長と武田信玄の二人が一度も戦わなかった理由

織田信長 武田信玄

 

お互い戦国武将でその名を全国に知れ渡らせていた織田信長と武田信玄。しかしお互いが直接戦った記録はありません。

 

お互いをライバル視していた2人ですが、どうして戦うことは無かったのでしょうか?

 

 

信長と信玄は戦うことが無かった

 

織田信長 武田信玄

 

ともに天下泰平を夢見て、全国統一を考えていた織田信長と武田信玄ですから、お互いのことは知っていたハズですし、いずれは戦うことになるだろうとも考えていました。

 

ところで、武田信玄は1521年生まれの1573年没であるのに対し、織田信長は1534年生まれの1582年没となっています。生まれた年は違えど、没した年齢にそこまで変化はありませんでした。

 

天下統一まであと少しというところまで織田信長は奮闘し、関東一帯に大領国を築いた武田信玄ですから、意識しないハズがありません。

 

 

織田家と武田家は友好関係にあった

 

織田信長 武田信玄

 

織田信長は軍師として天才だと周囲に言われていましたが、それでも武田信玄には劣るとも指摘されていたんですね。

 

両者とも天才に代わりはありませんが、織田信長は武田信玄の腕前を認めており、恐れていたとも記されています。

 

お互いを認めつつも、ライバル関係にあった2人ですが「西上作戦」というものが発生し、これによって両者は有効的な関係を結ぼうとしました。

 

スポンサーリンク

 

織田信長の性格を血液型診断から読み取ってみよう

 

1558年から1570年にかけて領国を接して外交関係を行い、1565年に織田信長の姪を養子にしてその娘を武田勝頼に嫁がせて友好関係を結ぶというサプライズが行われたのです。

 

織田信長と同盟であった徳川氏と武田信玄は対立していたのですが、織田信長と武田信玄は、「西上作戦」において友好関係を築いていました。

 

 

友好関係はすぐに崩れた

 

織田信長 武田信玄

 

これで時代が大きく動くと思われていましたが、この友好関係は崩れてしまいます。

 

武田信玄が織田信長の同盟である徳川氏のところへ侵攻してしまったことが原因であり、両者の友好関係は終わりを告げました。

 

スポンサーリンク

 

織田信長は仏教をあまり好きではなく、イエズス会と手を組んでいたほどでしたので、比叡山の焼き討ちなどをしました。

 

これには仏教者である武田信玄は怒り心頭になってしまい、両者は一触即発の事態に。

 

 

一度も衝突することなく信玄は没してしまった

 

織田信長 武田信玄

 

その後お互い全面に衝突することなく、武田信玄は没してしまいます。没後の1575年に、織田と徳川の連合軍と武田勝頼が対立した「長篠の戦」が始まります。

 

こうした流れによって、結局両者が戦うことはありませんでした。一度は天下統一に向けて友好関係を結んだのですが、破綻したというところを見るとお互いがその才能を認めていたようなところが分かりますよね。

 

もし織田信長と徳川家康が同盟を組んで全力で戦っていたら、軍師の天才が率いる武田信玄はどうなっていたのか、誰もが興味をそそられる部分です。

 

 

織田信長と武田信玄という戦国時代に活躍した軍師は、どんな心境だったのか。お互いが衝突しなかったところから、その部分が少し読み取れますね。

 

歴史は全てが分かるわけではありません。それでも時代を超えて、ここまで出来事が分かるのですから面白いですね。