天下人「豊臣秀吉」の側室となった「茶々」の壮絶な生涯とは?

豊臣秀吉 側室

 

天下統一を果たした豊臣秀吉は女好きとも呼ばれ、多くの側室がいたとされます。それでも子供に恵まれたのは側室の一人である「茶々」との間だけだったとのこと。

 

豊臣秀吉の側室にはどんな人物がいて、どういった生涯を過ごしたのでしょうか?

 

 

側室として有名な人物「茶々」

 

豊臣秀吉 側室

 

豊臣秀吉の側室として一番有名なのが、「茶々」ではないでしょうか。時代劇や漫画などでも多く登場し、その勝気な性格や大柄な態度などは両親の血を引いているとも言われます。

 

豊臣秀吉の一番のお気に入りであり、十分に可愛がられていたようです。

 

スポンサーリンク

豊臣秀吉の指が6本あったことがわかる2つの文献

 

今では小悪魔風なキャラクターとして確立していますが、当時はあまり良い印象は無かったようで、秀吉が亡くなった後を切り盛りしていましたが上手くはいきませんでしたね。

 

豊臣秀吉の側室で唯一夭逝しなかった子供を授かっており、一部では違う男性が父親なのではないかという噂も広まっているようです。

 

 

秀吉は茶々がお気に入りであった

 

豊臣秀吉 側室

 

豊臣秀吉の側室で有名な「茶々」ですが、父が浅井長政で、母が織田信長の妹のお市です。

 

豊臣秀吉は、お市をかなり気に入っていたのですが、お市からは受け入れてもらえなかったようです。

 

スポンサーリンク

 

女好きで知られる秀吉は、その気持ちを忘れることができず、三姉妹の中で一番母親に似ている美女を側室として迎えました。それが茶々です。

 

すぐに茶々は懐妊をして喜んだ秀吉は、淀城を与えてそこを茶々の住まいとしました。そのため、淀殿と呼ばれるようになったのです。

 

 

秀吉には13人の側室がいた

 

豊臣秀吉の側室では茶々(淀殿)が一番有名で、多くの人が知っているところですが、他にも12人の側室がいたと言われています。

 

側室の中でも一番身分が高い家柄出身だと言われているのが「月桂院」です。夫に置き去りにされてしまったので、秀吉の側室に入りました。

 

秀吉が病死した後は、京都の東寺で出家をします。1568年生まれの1655年没とされていますから、実に87年という当時としては異例の長寿でした。

 

 

豊臣秀吉の側室で子供を設けた茶々ですが、戦国時代の激動の中に巻き込まれていきました。他にも12人に側室がいましたが、茶々ほどの激動な人生を送っている人はおらず、やはり現代にも根強いエピソードが残るのは茶々なのです。

 

 

淀殿は最終的に母と同じ運命をたどる

 

豊臣秀吉 側室

 

最終的に淀殿は、徳川家康に追われて自害をします。それは母と同じ死に方であり、運命的なものを感じる人もいるほどです。

 

織田信長、豊臣秀吉、そして徳川家康の戦国で活躍する武将の3人に運命を翻弄されてしまった淀殿。運命なのか策略なのか、豊臣秀吉との間に子供が出来てしまったことにより、大きく人生が変わったのです。

引き続き、「歴史 裏雑学」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

日本人だけが知らない「本当の世界史」


「歴史の裏雑学」 人気記事ランキング

豊臣秀吉 側室 天下統一を目前に亡くなった「織田信長の子孫」たちとその後…
豊臣秀吉 側室 織田信長の正室「濃姫」はどの様な妻だったのか?
豊臣秀吉 側室 豊臣秀吉の指が6本あったことがわかる2つの文献
豊臣秀吉 側室 天下人「豊臣秀吉」の死因には多くの説が語られている
豊臣秀吉 側室 「坂本龍馬」暗殺事件の実行犯に浮上している2つの説
豊臣秀吉 側室 坂本龍馬がフリーメイソンのメンバーと言われている理由
豊臣秀吉 側室 意外と知られていない「徳川家康の死因」には3つの説がある
豊臣秀吉 側室 織田信長が明智光秀に裏切られた原因はなんだったのか?
豊臣秀吉 側室 最近になり「聖徳太子」は実はいなかったとされている4つの説
豊臣秀吉 側室 聖徳太子が残した予言によると東京は壊滅する!?
豊臣秀吉 側室 神の子「イエスキリスト」は本当に実在していたのか?
豊臣秀吉 側室 ジョンレノン暗殺事件の経緯と陰謀論について
豊臣秀吉 側室 謎の死を遂げた武田信玄の死因として3つの説がある
豊臣秀吉 側室 戦国武将「上杉謙信」が実は女性だったとされる4つの説について
豊臣秀吉 側室 天才「アインシュタイン」は一般人と脳が3つの点で異なっていた
豊臣秀吉 側室 アメリカ大統領「ケネディ暗殺事件」における3つの不可解な点
豊臣秀吉 側室 最悪の独裁者「ヒトラー」に子孫がいないといわれてる理由
豊臣秀吉 側室 独裁者「ヒトラー」が唱えた3つの予言と真相について